Concept

田を使って、人が”生きる”事を楽しいと思えるようにサポートする

田んぼでお米作り。「おいしく食べる」「楽しく作る」

滋賀県 八屋戸。
自然農のお米づくり、農を担うこと。
稲作とは、
その風景の美しさだけでなく、種がお米になるのを支えるすべての所作が文化であり芸術であると、
ある瞬間から氣がついたので、老若男女誰もが参加できるかたちの田んぼを想像し始めました。
 田んぼは、先人の築き上げた「大切なもの」
これを後世に残す、そういう暮らしの中に自分もありたい、と。

年老いても、お金の価値が無くなっても、続けられるお米作り。

できることは一つ。
人とのつながりとお米が作れる田があることに
感謝して日々を生きる。

HACHIYADO339✳︎ は八屋戸 SUN Thank you の意味


この私のいのちに流れる水は、この地球の土が育んでいる水と同じ。

これを理解して、そう願い、浄化できるように「日」を生きる。

私の水を「私」が浄化する
       『太陽、ありがとう』

  自然とよりそう暮らし発信キチ HACHIYADO339✴︎


HACHIYADO339✳︎で農体験(米づくり)

自然の一部であるこの命は、自然界の動きの上にしか成立し得ません。
ここに住む私、今ある生命が、聡明な判断でもって、琵琶湖の水のように綺麗な水を、後の世に残せるか。
今、
ここ地球に住むひとの智恵を結して「今から準備する」という方法があります。

自然とよりそう暮らし発信

比良山系の頂、蓬莱山の麓
施設名の由来ともなっている八屋戸。
ここは、琵琶湖の魚も含めた水産資源と、各所に湧き出る比良山系の伏流水、そのどちらの水の恵みも享受できる里山です。山と川の自然に恵まれ、風光明媚なこの地域で、明治に開墾された田は、先祖から今代まで、農家が少数精鋭で農事を続けています。
山、川、水路の掃除、道草刈り、水の管理
お米作りとは、地域の総力でもって支えられます。
お米作りが毎年くりかえし行えることを、みなのお陰で、と身をもって知るようになりました。
HACHIYADO339✳︎では、自然な暮らしとは何か。
『農的な暮らし』に一つの答えがある氣がしています。
2028年に通用する田仕事のあり方を模索して『輪』つくりを続けています。

田んぼのイベント企画(水に恵まれた里山で)

この土地での稲作は、小さい田が蓬莱の山の裾からの琵琶湖の浜にかけて、斜面に連続するように棚田を成しています。
小さい頃、子供らはゆい作業に來た田んぼの畦に腰かけて、おにぎりやおかずを拡げて一服するおじおばの横にいて何かしら安堵を感じていたと聞いて‥‥‥。
これをいまの世に置いておくことは、決して難しいことではなく、
とれた野菜にお米を、薪の火で調理し、皆で感謝していただく。自然味あふれる「食」を通して、ここに來る人たちに何か伝わるものがあると思います。
田んぼの仕事をやり遂げたあとに、皆さんと共にする食事は、身も心も満たされる瞬間で、
みんなが幸せにありたい。今後も永続的に、ここの田を続けるためには何が必要?!
その願いを形にすることは、大自然と共にする暮らすこと、地球の自然の上に生きる互いの命を知ること、山とつながること。

そのことに心から、満足する自分でいる事。

今後の地球の未来を想像することのできる仲間が集うように。農地が農地であり続ける日を日々創造しながら、ゆっくりと。

命の水

自然と人の体の両方にやさしいありかた。そういう生き方をしたいぼくは、この地球の最新の情報を得る。
情報とは、見聞きするだけではない、この宇宙の情報元、命の「水」の中にこそあります。
豊かな水源である琵琶湖・比良山系の恵みを受け取ることができる場所は、豊富にあり、ここHACHIYADO339✳︎は、金比羅さんの名水のおかげでいつもその水を飲むことが許されています。

この地球の最新の"情報"を得ることは大地からの声をこの命に届けること。

蓬萊山の中腹にある金比羅さんの名水は、水道の蛇口から出る水とは違います。
飲んで比較すれば判ります。ぜひ一度味わってみてください。
どこにもこういう湧水が出るこの国は、奇跡の土地で、だからみんな湧水や地下から湧く水を飲むのが普通だと思うんです。この水を、後世にも。
子や孫のためにこのおいしい水を守っていけるように、大自然と共存する単なる生活を発信して行きます。
Facebookページでも案内します。金刀比羅神社の名水に心から感謝して。
さあ、一緒にお水を取りに行きましょう。