お米・HACHIYADO339✳︎

339という家・イベントの本意とその先に

子どもと一緒に家族ができる農を


生きるのに本当に必要なことは何「?」

この風の時代といわれる時空間を生きるのに、最低これだけは抑えとかないとっていう事がある。

それは、今ある田を、稲作のできる田として今日を愉しみ、宝と言える田んぼを後世に残すこと。みんなで力を合わせて稲作を守ることにあります。

339✴︎でしていることは、実はこんな単純なこと。

太陽に感謝!

339✳︎は、家族と呼び合える仲間とともに

より良い生活を送れるように、一日一日の日々を生き続けます。

SUN!Thank you !!(339✴︎)

志賀八屋戸を拠点に野菜とお米作り。田んぼのイベントを開催中!!

氣をつかう
これは神という存在が、人につかうことを許した力、、

「畑の野菜や田んぼのお米は、耕作する人の足音を聞いて大きくなる。」
これは、農家の人がよくいう話なのですが、
「田んぼのお米」と向き合っていると本当にそこことが大事だと思えてならない事が自分にもやってきます。


また、地域でお米を作っていると、ここに住う地元の人々とその先祖があって、今日まで田んぼを続けてこれた事がある。
田を水路を整えている地域の方々の力の結集は見事な連携プレーです。
地域の助けがなければとうに挫折している所ですが
地域の人々畏敬の念を抱き、今ある現状を見定めて、守ってきた伝統や、人の思いを軽んじないように。恐れずに変革を推進していきます。
339✳︎を中心に、これからすることが、ここ(八屋戸)に住う人々が希望を持てるような働きになります事を祈ります。

イベントを通じて暮らしにヒントを。

今、意識したいことは、
明治以降、大正、昭和、平成、令和・・こんなにも便利になった世の中で、コンビニ飯やコロナマスク、スマホ、テレビ依存が避けられないのが今の社会の生活です。
各々の暮らしの局面で、正しい判断ができるよう、余力ある今、
真剣に考えて備えをしておくことはとても大切なことだと思います。

「共につくる、共に食む」

今、ほんとうに意識することは、
目の前にある食事、その命に掛けられたエネルギー(人の手)のこと。
命に感謝して共に頂く、という考えを基本に、わたし自身をサポートするようなわたしの姿勢を大切にします。