イベント情報

339✴︎の居間で、心ゆくまで「くつろぎ」を感じて。

今日を楽しむ〜田んぼのイベント企画〜

大津市の北部、蓬莱という場所に田畑があります。田んぼのイベントは、若い農の担い手たちがここに來る皆さまとともに志賀の豊かな自然を体験できるように。「今日をたのしむ」時間と空間を味わえるように。
野菜やお米を育てる事を携えていると、自然とともに生きる”わたし”を身体の中心から感じる瞬間が訪れます。自らが育んだ命(お米)(野菜)が実った時、それを口にする悅びを自ずと想像しているからだと思います。
HACHIYADO339✳︎の企画するイベントは祭りごと。日々ゆっくりと流れる時間を大切にしていて、お昼の食卓で囲む質素で心あたたまる日本の食事の醍醐味を感じていただきたいのです。 農の体験や作業は決して「難しい事」や「つらい事」ではなく、今日の土との触れ合いが新たな”自分”の発見につながります。
共に一つの「収穫」という目標に向けて汗を流したり、仕事の種類や生まれ育った環境のちがう人と、1日をともにすると、この命は、人を支え人に支えられて生きることに氣づくことができます。
ぼくの何よりの悦びは、自然の中で有意義な時間を過ごしていただくことや、子どもらとのんびりとした時間を過ごしていただくことで、「ああよかった」「また來て体を動かしたい」と思ってもらえた、と伝わってくる瞬間に訪れます。
共に農を携えて、ここ(私の中心)に流れる暦(こよみ)を体感しましょう✳︎
  • IMG_5505
    10 . 24(日)朝日米の稲刈り(三畝分)
  • 241158735_390067379291515_1373319747320793071_n
    9.26(日)お米の収穫体験イベントのお知らせ
  • 田んぼアート2021【水無月のイベント】

 9年前に『自然農』というものに出会い、「一反」の田んぼに携わって早5年が過ぎました。
 先人が繋いでくれた種を自分もまた、ここに八屋戸の田んぼで5年、繋いできました。

自分の経験や知識をお伝えするというよりも、田んぼに立つことでこの大自然が教えてくれることがある事を伝えたいと思うようになっています。

 この地球上に生まれたぼくらが、手と手が触れ合う距離で何かを教え合うこと、このことが奇跡と呼べる事象だとしたら、皆さんにお会いできる日は、ぼくにとって宝物です。
 田んぼのイベントは朝9時から17時までの丸一日におよぶこともありますが、田んぼに出て仕事をしたあとは、大地に根付く野菜やお米の味を共に味わう時間を、と思ってゐます。
どこから來られるかわからない、どんな心情の持ち主で、何を好むのかも人それぞれ。けれど、同じ時代に生まれたぼくらが出会う事、この妙なるを知ると自ずと喜びが「私」にやって來る。
この自然の上に立つ命の感覚を感じて、この日1日の出来事を、楽しみましょう。


 自然の内に育った野菜やお米が持っている、その野菜本来のおいしさを引き出す調理ができるよう日々鍛錬しながら、皆さまのお越しをお待ちしております。
 農の体験は、食べものが食卓に上る「命」のみちすじを教えてくれるので、日々の食事の大切さを知っていただけることもHACHIYADO339✳︎が企画する田んぼのイベントが要とするところ。農の営みを通して「自然」に触れることで、普段とは一味違う充実した時間を過ごすことが目的です。

誰かの「 参加してみたい。」を、心から歓迎します。

ご連絡をお待ちしております。                             暮らし發信代表 熊至朗