學(まなびや)

自然食を中心とする食事・(読み書きそおはん)・男性性女性性と暦を知る

食事に関して子どもは「子ども料金」で対応いたします。

ここは大津市八屋戸にありますHACHIYADO339✳︎
ここの亭主熊至朗はこれまで教育と食と體と向き合って。
HACHIYADO339✳︎では、これまでイベントとして學(まなびや)を開催しており、楽しみながら何でもやってきました。けれど、やりたいのは読み・書き・算盤を教えること。
5つから9つまでの子ども。13才までの子どものための施設で、
親子同伴で一度お越しになられたのち、熊至朗がOKを出した子どもと子の親はいつでも利用できるような施設にしていきます。熊至朗の知識で、漢字の読みと書き方と算盤を使った計算法が知れるよう。身に成るか否かは子ども次第で、受験勉強がしたければ応援します。ですが、大学の入試に向けて一直線に勉強をしていくやり方は、熊至朗のつくりたい學(まなびや)ではありまん。
學びでほんに大事にしたいのは、ぼくらが共にまなびを獲得しにいくこと。
ティール時代を生き抜く知恵と、ぼくら生きるこの命が地球上のあらゆる生命と共鳴しながら、いきていると理解し、自然と共存するには今何をすることが必要か、聡明な判断ができる人を育てるという点です。

過去に開催したイベント(寺小屋ひちゑ)の事例や最新の催事情報などホームページにて記載しております。

ここに來る子どもや子の親の、食や體に関する相談・疑問に誠心誠意向き合い、今後も自然とよりそう暮らしを提案します。ここ學の目指すティールの創造(ティールへの回帰)に励んでまいります。ティールとは青緑色に似た色のこと。現在、フレデリック・ラルー氏の学術的な提唱があったことにより、ティール組織の運営のあり方を指す言葉に用いられますが、ぼくは単純にこの色のこと、ぼくはただこの色をみていきます。
ご意見やご要望があれば真摯に受け止めて、田んぼや山、琵琶湖なども學びを獲るフィールドとして使って、學びを形成できるような場づくりに努めます。

利用料金
休止

,()

ドリンク料金
オレンジジュース 250円
アップルジュース 250円
紅茶(アイス・ホット) 200円
カボススカッシュ 300円

現在工事中・・