SCHOOL of ”VISION”

わたしに基をつくる/精神世界/CAMP(カンプ)

山にもどる

「山にもどる。」
これは、
我が身を自然に還らせて、「我とは何ぞや」と考えること。
どうして我が身(この命)は、いまこの瞬間に生きているのか。と我が身に問う。
わたしが何かをする、とかいうまえに、しぜんと一体となっているこの命。とみることで、
精神が元のところに(生まれたときの心の様に)なることを「山もどり」という。
この精神状態では、人を憎むその言動や、傷つける行為をしなくなります。
それどころか、この命を美しく生きる事に集中して、山に生えている草花や木々の命と同化した意識になります。
自然と共に、一体となる命を終える一生として、
今日の食事を共にし、楽しみ、側にいる人と一緒に考えながら、現代世に必要といえる食や暮らし方について見直す。
この機会をぼくらは「山もどり」としてひと月に一回、与えられています。
                   自然とよりそう暮らし發信キチ HACHIYADO339✳︎ 代表 熊至朗


参加に際しては熊至朗までご連絡を
CAMP(カンプ)の場所と活動内容

CAMPの運営は参加する方々の慈善活動にて支えられています。又、集まった金銭や物資については比良山系の山の自然を保全するための活動に使われます。